忍者ブログ

[PR]

2017年10月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しいけれど

2008年09月09日
人間、生きていると避けられない悲しみというものがある。

年齢を重ねれば、その悲しみの数も、悲しみの深さも。。。。

幼馴染がくも膜下出血で亡くなりました。
ほんの数日前に電話で話したばかりなのに。。。

本人の意向でご家族だけの密葬になり、お別れの挨拶は遠慮してほしいとのこと。

悲しいけれど、それが彼女の最後の望み。

それを受け入れて、そして彼女の分も悔いのない人生を歩んで行こう。

今まで、いろいろありがとう。
そして、安らかに、穏やかに、遠くから見守っていてくれ。
自分も、忘れることなく、いつも見守っているから。

拍手

PR
Comment
るやんが遠慮する
るやんが遠慮するの?
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: